2017年06月11日

正しい人生

昔読んだ吉本隆明『言葉からの触手』という本にこんなたとえ話(または寓話)があったと記憶しています。



川の中を魚が自由に泳いでいる。その魚を人が取り上げる。人は魚に向けて、そっと「正しい泳ぎ方」をささやく。川に戻された魚は、とたんに不自然で、ぎこちなく泳ぎ始める。


すでに魚は、誰から教えられなくても泳ぎ方を知っていた。しかし人がいう「正しい泳ぎ方」を信じたために自由に泳げなくなる。。


そんな話が書かれていたように記憶しています。


他人のいうサクセスストーリー、正しい生き方、立派な人生、あるいは普通の人生・・それって全部、この種の「正しい泳ぎ方」なんじゃないだろうか、という気がしてきています。
posted by ETMM at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

アメリカ人投資家が日本のバリュー株を発掘しています

Seeking αというアメリカの投資情報サイトにおいて、ルアード・ヒーグさんという方が「私がテスラよりも永大化工をはるかに好む理由」という挑発的な(?)タイトルで、なぜか永大化工というジャスダック上場の車のフロアマットレスを作っている会社を押す記事を書いています。


https://seekingalpha.com/article/4080246-like-eidai-kako-co-much-tesla?auth_param=19ce7o:1cjl3lj:02b69d29c5828b5339f1189a0df36599&uprof=45&dr=1


この記事にはたくさん数字が出てきますが、内容をものすごくざっくりまとめると、「テスラのような成長株よりも、永大化工のような地味だけど着実に利益を出しているバリュー株の方が価格下落リスクが少ないので安心して投資できる。」ということかと思います。


アメリカにいるのにわざわざ日本のジャスダック上場企業の財務諸表を調べようとする熱意には恐れ入りました。ほんとよくやるなあ、と思います。


この記事が週明けの永大化工の株価に与える影響も少し気になります。6月9日の出来高は11000株しかないので、この記事を読んだアメリカ人投資家が少しでも買いに来たらけっこう影響を与えてしまうような気もします。Seeking αがどれだけアメリカで人気があるサイトなのかもよくわからないので何ともいえないですが。

posted by ETMM at 18:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

無名でもすごい超優良企業

田宮寛之『無名でもすごい超優良企業』講談社を読んでいます。


この本では、製造業を中心にいろんな企業が紹介されています。

印象に残ったのは、食品の自動製造機を作っているレオン自動機(東証1部上場)です。レオン自動機は、流動学(レオロジー)を応用して、餡(あん)を皮で包む技術を確立したのをきっかけにして、いろんな食材を包む機械を次々に開発していったそうです(技術の詳細については下記リンク先参照)。
https://www.jsme.or.jp/kaisi/1180-38/

YouTubeでレオン製造機の機械のデモンストレーションを見ることができます。映像を見ると、機械の精巧な仕組みに感動します。

この本によると、レオン製造機は、エジプトにマムール(クッキー)製造機を輸出し、ナイジェリアコンゴ民主共和国にホットドッグ製造ラインを輸出していて、現在アフリカへの機械の輸出が拡大しているそうです。

このように日本の技術が世界の人々に役立っているのを知ると、うれしい気持ちになります。


posted by ETMM at 04:01 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする