2018年01月03日

今月はIBM投資撤退のチャンスかも?

Seeking Alpha という投資サイトに"2 Positive Catalysts Will Send IBM Higher"という記事が出ていました(リンク先は下記)。


内容をものすごくざっくりまとめると、IBMが今月発表する2017年第4四半期の決算で、23期ぶりに前年度同期比で増収になることが予想される、その理由は@新たに市場に投入されたメインフレームの売上が2017年第4四半期から本格的に決算に反映される、A為替が売上にプラスに作用するから、というところでしょうか。

この記事の著者の予想では、2017年第4四半期の決算発表により、IBM株は190ドルあたりまでいくのではないか、ということです。

この予想がもし的中したら、私はIBM株をバンバン売りたいです(笑)。

今回発表される決算は、新型メインフレームの売上によって嵩上げされるということなので、しばらく時間が経って新型メインフレームが普及してしまうと、売上が減ってしまう可能性も否定できません。

また、何しろバフェットがIBM撤退の方向だというのも大きいです。

もっとも、将来、人工知能の技術が利益に結びつき、IBMが本格的に飛躍していく時期も来るかもしれません。その場合に備えて、今回いったん撤退した後も状況をチェックして、人工知能の技術が利益に結びつきかけた頃に改めて買い直してもいいでしょうし、あるいは、あえて一部だけIBM株を残しておいて、将来飛躍した場合の利益をとり損ねないにする、という方針もありえるかもしれません。

そういうことで、私自身は、1月18日に予定されている決算発表後、株価が上がるようならIBMを順次売っていきたいなーと思っています。どれくらいの量を売るかは、株価を見ながら考えようと思います。

posted by ETMM at 14:15 | Comment(0) | 米国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。